IMR(リカバリーと病気の自己管理)研究会は、当事者主体の双方向性のプログラムによる精神障害者のリカバリー法を研究しています

<住所>〒181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-20 ルーテル学院大学 コミュニティ人材養成センター IMR研究会
<お問合せはこちら>recoverynokotsu(アットマーク)ybb.ne.jp

IMR導入支援研究

ご案内

東京都内の障がい者支援施設(就労移行支援事業所、自立訓練事業所(生活訓練)事業所)で、主に統合失調症、うつ病、そううつ病の方を利用対象とされている事業所を対象に、IMR導入支援研究を開始いたします。

 

IMR導入支援研究:IMR(リカバリーと病気の自己管理プログラム)の実施
日 程

2016年度~2017年度

内 容

 事業所において、導入支援を受けながら、IMRを実施する

 

*事業所における説明会の開催(スタッフの理解を得るため)

*担当者を対象とした研修会への参加(IMR実施において、これまでの私たちの研究の結果、実施が難しい点を中心に)

*IMR配布資料(ルーテル学院大学版)の提供

*実施直後のコンサルテーションの提供

*グループスーパービジョンへの参加

*利用者の募集

*IMRの実施

*報告(記録の提出)

*インタビュー調査への協力

 

実施箇所数

2-5事業所を予定

参加費無料
研究

学術振興会 科学研究費 基盤研究(C)

「精神障害者の退院促進・地域定着に資する新規プログラムの導入支援研究」の一環として実施します。(研究代表者:ルーテル学院大学 総合人間学部 教授 福島喜代子)

IMR導入支援研究への参加をご希望の方へ

IMR導入支援研究へ参加をご希望の方は、この専用フォームからお申し込みください。(入力の際、GoogleのChromeというブラウザのほうが適合しやすいようです)。

申込み状況により、全事業所にご参加できない可能性があります。どうかご了承ください。

IMR導入支援研究への申し込み

例:recoverynokotsu@ybb.ne.jp

例:recoverynokotsu@ybb.ne.jp

例:ルーテル学院大学

*複数選択可能です。

例:181-0015

注)IMRは統合失調症、感情障害(気分障害)の方を対象としたプログラムです。

例:三鷹市大沢3-10-20 

例:〇〇ビル △階 ××号室

例:0123-45-6789

例:山田太郎

例:ヤマダタロウ

例:サービス管理責任者

日程は今後調整します

日程は今後調整しますが、都内で集合研修を数日実施します。

2016年度後半から2017年度前半までの間、週1回、1回1時間半程度を半年弱実施することが必要となります。

報告(記録の提出)、インタビュー調査への協力等

*このフォームの入力によりいただいた情報は、セミナー開催を含む、本研究会の目的であるIMRの普及・啓発や調査研究に関してのみ使用させていただきます。

*入力がうまく行かない場合は、上記内容をご記入の上、ファックスにてお申し込み下さい。(入力の際、GoogleのChromeというブラウザのほうが適合しやすいようです)。

IMR資料(カラー版)を提供しています

本研究では、地域の施設・機関においてIMR(リカバリーと病気の自己管理)プログラムの試行的実践と、実践研究を実施しました。

参加してくださった当事者と、スタッフからのフィードバックをもとに、カラー版のIMRの配布資料を作成しました。

*配布資料改訂終えました!(2014年9月)

資料の申込みはこちら

IMR研究会

本HPでは、IMRについての情報を提供していこうとしています。

2016年度から取得している科研費研究で、導入支援をテーマにしています。

条件があえば、是非、研究に参加してIMRを開始してください。

配布資料申込み

ご連絡、お問合せ

IMR研究会

〒181-0015
東京都三鷹市大沢3-10-20
ルーテル学院大学
気付
IMR研究会

責任者:福島喜代子
(総合人間学部教授)

ご連絡・お問合せはできるだけ電子メールでお願いいたします。FAXもお受けします。