IMR(リカバリーと病気の自己管理)研究会は、当事者主体の双方向性のプログラムによる精神障害者のリカバリー法を研究しています

<住所>〒181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-20 ルーテル学院大学 コミュニティ人材養成センター IMR研究会
<お問合せはこちら>recoverynokotsu(アットマーク)ybb.ne.jp

実践家のメリット

  1. 当事者への支援の仕方が「問題があったら対応する」中心から、「定期的に当事者と話し合い、リカバリーに向かっての歩みを支援する」となります
     
  2. 支援の中で当事者自身の描くリカバリーそのものが一貫したテーマになります
     
  3. 当事者の考えを当事者の言葉で語ってもらいながらすすめるので、「当事者中心」で「共に歩む」実践が自然とできます
     
  4. 定められたテーマに沿って、配布資料に沿ってすすめればいいので、準備の負担や、実践そのものを行うことについてのプレッシャーが比較的少なくてすみます。
     
  5. 認知・行動療法のさまざまな技法が、配布資料に沿って実践をしながら身につきます。配布資料に沿ってすすめることによって、認知・行動療法の強化、シェイピング、モデリング、ロールプレイ、認知の再構成などの技法が、自然に用いながらすすめていくことになります。
     
  6. まとめ、チャレンジ課題の設定、チャレンジ課題の実施(セッションの合間)、チャレンジ課題の結果報告、振り返り、評価などを行うことにより、それぞれのセッションごとのテーマに沿って、当事者が必要なことを身につけているか否かを確認しながらすすめていけます。
     

IMR資料(カラー版)を提供しています

本研究では、地域の施設・機関においてIMR(リカバリーと病気の自己管理)プログラムの試行的実践と、実践研究を実施しました。

参加してくださった当事者と、スタッフからのフィードバックをもとに、カラー版のIMRの配布資料を作成しました。

*配布資料改訂終えました!(2014年9月)

資料の申込みはこちら

IMR研究会

本HPでは、IMRについての情報を提供していこうとしています。

2016年度から取得している科研費研究で、導入支援をテーマにしています。

条件があえば、是非、研究に参加してIMRを開始してください。

配布資料申込み

ご連絡、お問合せ

IMR研究会

〒181-0015
東京都三鷹市大沢3-10-20
ルーテル学院大学
気付
IMR研究会

責任者:福島喜代子
(総合人間学部教授)

ご連絡・お問合せはできるだけ電子メールでお願いいたします。FAXもお受けします。